Tandemは、世界中の皆さんの言語学習をサポートし、また文化についての知識を共有しています。ボスニア・ヘルツェゴビナのSamijaとドイツのJennyは、Tandemでの学習を通じてこの1月に会うことになりました。

Samijaは初めてドイツ文化を体験することができました。また、様々な忘れられない経験をしました。では彼女たちの物語をのぞいてみましょう!

samija and jenny germany

Samijaは学校で英語とドイツ語を学んでいます。語学レベルを向上させるために数年前からTandemを使っています。彼女はドイツのシュトゥットガルトのJennyと知り合いました。彼女の母親はクロアチア出身です。このため、Jennyはクロアチア語、セルビア語やボスニア語を学びたいと思っていました。

SamijaとJennyはTandemで定期的にチャットをしていました。最初はお互いの言語の基本的な部分を教え合い、お互いに助け合いながら学習を続けていました。いつの日か本当に良い友達になり、いつも学校や日常生活などについて話していました。

Samijaにとってドイツは遠い場所でした。「いつかJennyに会いにドイツに行きたいとは思っていけど、まさか本当になるとは思っていませんでした。」とSamijaは言っています。

しかし、2018年1月、その夢は現実になりました。Samijaはドイツを訪れ、Jennyと会い、シュツットガルトに住んでいる人の様にのんびりと過ごしました。

Samijaが到着する前、二人とも少し緊張していました。Samijaは「最初会った時、ドイツ語を話すのがちょっと恥ずかしかったです。なぜなら私のドイツ語は完璧ではなかったから。けれど、Jennyは励ましてくれて、とにかく色々話してくれました。だんだん話すのが楽になり、どういうわけかドイツ語をすらすら話せる様になってきたのです。それは魔法のようでした!」

滞在の間、Samijaはシュツットガルトの様々な場面を見ることができました。美しい景色と美味しいドイツ料理を楽しみ、またJennyの友達とも仲良くなれました。「私はこの街とドイツという国について多くの事を学び、またドイツ語の新しい言葉を覚え、語学力も向上しました。しかし、最も重要なことは、世界は意外と小さな場所であることに気づいたことです。私たちは世界のどこへでも旅するチャンスがあります。もっとその機会を活用するべきだと思いました。」

また、Samijaはドイツとボスニアの文化的な違いにも気づきました。「ドイツ人は非常に勤勉に働きます。一方で、ボスニアの人々はもっとリラックスしています。特に仕事になるとはるかにリラックスしています。」Samijaの場合、シュトゥットガルトは彼女が初めて一人で旅した最初の場所なので、いつまでも心の中で特別な思い出となることでしょう。

滞在中の好きな時間として、Samijaは特別な一日を懐かしく思い出します。「Jennyはある日、素敵な景色を見に行くと言いました。正直言って、私はあまり期待していませんでした。Jennyが連れて行ってくれた丘を登って、目の前に驚くほど美しい景色が広がった時、何か、私の考えが変わりました。私たちはベンチに座って、それは本当に素晴らしかったです。世界の頂点で、私たちの周りの谷と街を見下ろして、そして美しい雲と輝く日差し。私は永遠にそこにいたかった。」

旅行の後も、引き続きSamijaは言語学習を通して視野を広げることに邁進しています。「もしあなたが、ボスニア・ヘルツェゴビナ位の小さな国に住んでいるとしたら、母国語だけを話すとき、せいぜい数百万人の人々としかコミュニケーションをとれません。しかし、英語のように他の言語を話すと、世界中と人々話すことができます。それって素晴らしいことではないですか?外国語を学ぶことで、様々な人と知り合い、新しい場所を訪れ、新しい文化に触れることができます。」

いつかJennyをボスニアに招待することが出来たら「Jennyにサラエボや色んな場所を見せて、彼女にこの旅のお返しができたらいい。」とSamija言っています。

これからもSamijaとJennyのタンデム学習が充実したものになることを願っています。

SamijaとJennyの物語はいかがでしたか?ぜひあなたもTandemでタンデム学習のための新しい友達を探しましょう。iOSまたはAndroidでアプリをダウンロード出来ます。