Tandemの使い方

実践したい!言語交換パートナーとの会話を盛り上げる10の方法

Hitomi M.2020年5月5日4分で読める記事

外国語ペラペラになるための一番の近道、それは勉強中の言葉を話すネイティブスピーカーの友達を作ること。でも、どうやってそのような友達を作ればいいのでしょうか?

友達作りには、共通の趣味や好きなことについて会話を重ねることが大事です!Tandemのアプリでは会話のトピック例をたくさんご用意しています。これらのトピックを使うことで、似た趣味の人を見つけやすくなりますよ!

他のメンバーはあなたのプロフィールを読むときに、最初にあなたが興味あるトピックについて読みます。どんなトピックを選んでいいか分からない、という場合はアプリ上で興味のあるトピックを探すこともできます。

では、見知らぬ相手との会話を盛り上げるのに使える10のトピックを見ていきましょう!

会話を盛り上げるための黄金ルール

さて、会話をスムーズに始め、盛り上げていくために一番大切なこと。それは、「はい」もしくは「いいえ」で答えられる質問は避けることです。例えば「スタジオジブリの映画は好き?」という質問だと、そこですぐに会話が終わってしまう可能性があります。よって、会話のピンポンが成り立つような質問をしてみましょう。例えば「スタジオジブリの映画で、どの作品が一番好き?」といった会話が広がるような質問がぴったりです。さらには、「なぜその映画が好きなの?」といった質問でフォローアップしていくことで、自然に会話の流れが続いていくはずです。そして、もう一つ大事なこと。個人的すぎるトピック、または言語交換において不適切なトピックは避けましょう。最初の会話であなたの第一印象が決まります!よって、気持ち良く会話できるトピックを選びましょう。

もし会話のアイデアが思い浮かばない場合は、次の10のアイデアをご参考にどうぞ。質問形式で書いてみましたが、自分で好きなようにカスタマイズして使ってもOKです。Tandemのアプリでは様々なトピックが検索可能です。色々サーチしながら、あなたとタンデムパートナーの両方にとって楽しめる話題を選びましょう。

1.「どこで育ちましたか?そこは、どんな場所でしたか?」

"Where did you grow up? What was it like?" タンデムパートナーと出身地の話をすることで、お互いのルーツや背景を知ることができるため、会話を進めていくのに最適です。子供時代に育った家や通っていた学校の様子、住んでいた町の様子などを話してもらい、自分の経験と比べてみましょう。その違いや意外な共通点に驚かされるかも?

2. 「夢の仕事は?」

"What's your dream job?” 言語交換のパートナーに仕事について尋ねるのはごく自然なことです。ですが、実際の仕事でなく夢の仕事について話すほうがもっと盛り上がるかもしれません!さらにはキャリアにおいて自分に重要な価値観について話しあうのも面白そうですね。

3. 「1年で一番好きな季節は?」

"What's your favorite time of year?” 好きな季節からその人の性格がさらに見えてくるかもしれません。各季節のメリットやデメリットについて話すこともできるので、優秀なトピックです。各季節ごとに何を飲んで、食べて、どんなことをするのが好きか、話し合ってみましょう。日本のお花見やお祭りといった季節ならではのイベントについて話すのも良いですね。

4. 「どんなことに大笑いさせられる?」

"What makes you laugh out loud?” 友情を育むためには、ユーモアのセンスを共有していることも大切。タンデムパートナーがどんなことを面白いと思うのか探ってみましょう。これは今後も言語交換を続けられるか見極めるために有効な手のひとつ。相手に通じないジョークを言うよりも、どんなことを相手が面白く感じるのか、最初のうちに質問してしまったほうが楽です。もしかしたら共通のコメディ番組が好き、なんてこともあるかもしれません。さらには違う文化圏でどんなジョークがユーモアとして捉えられているのか勉強する良い機会にもなります。

5. 「この曲どう思う?」

"What do you think of this song?” Spotifyや YouTubeのプレイリストを共有しながら会話してみるのも良いでしょう。お気に入り、あるいは自分が好きではない曲を共有し、相手のリアクションを見てみるという方法です。音楽は人と人をつなぐ存在。他の文化でどんな音楽が人気か、逆に人気がないかを知る絶好のチャンスです。自分の好きな曲について話すのは得意な人がほとんど。相手が聞いたことがなさそうな日本のアーティストの曲などを聞かせてあげても良いでしょう。

6. 「あなたの母国語で一番変なことは?」

"What’s the weirdest thing about your language?” 子供時代に日本語を勉強していた頃は、特に日本語のここが変だとか考えることなく過ごしてきたのではないでしょうか。よって、言語交換パートナーに日本語を教えてみて、初めて気づく不思議な点があるはずです。変な言い回しや文法ルール、形容詞などなんでも構いません。日本語についてあなたの視点から気づいた不思議な点を共有してみましょう。

7. 「もしあなたが動物だとしたら、どの動物?その理由は?」

"If you could be an animal, what would you be, and why?”

相手が動物好きかどうかに関わらず、是非訊いてみてほしい質問です。なぜその動物を選んだのか、その理由が、相手についてたくさんのことを物語っているはず。または、あなたが選んだ動物がタンデムパートナーの文化圏では全く違うイメージで捉えられている場合もあるかも!?新たな発見がありそうです。

8.「好きな熟語やスラングは?」

"What’s your favorite idiom or slang word?” 言語交換のパートナーとの会話を通じて、教科書や試験対策では学べないようなスラングや表現を学ぶことができます。まずは相手の好きな熟語やスラングを訊いてみましょう。こうして勉強したスラングを実用していけば、次に話すタンデムパートナーもびっくりすること必須。

9. 「もし起業するとしたら、どんな会社?」

"If you opened a business, what kind of business would it be?” これはビジネス志向でない人にも是非質問してみてほしいトピックです。普通起業を考えるときは、本当に好きなことをビジネスにするか、満たされていないニーズをカバーすることが目標になります。これらをタンデムパートナーに訊いてみましょう!相手のものの考え方をより知ることができますよ。

10.「今まで行った中で一番きれいな場所は?」

"Where’s the most beautiful place you’ve ever been?” Tandemは言語交換だけでなく、世界の様々な場所についても学ばせてくれるアプリ。相手の国についてもっと知るためにも、積極的に質問しましょう。さらには、良い点について質問をするように心がけましょう。もちろんタンデムパートナーと仲良くなってからは、マイナス点について話しあっても問題ないでしょう。ですが、会話を始める時は鉄則ルールとして、「良い点に集中」することを忘れないでください。

いかがでしたか?是非以上の10の質問を使って、タンデムパートナーと会話をスタートさせましょう!今後Tandemのブログでは、以上の質問以外にもタンデムパートナーとの会話に使えそうな楽しいトピックをご紹介予定です!

Tandemのアプリを無料ダウンロードして、ネイティブスピーカーと楽しく言語学習しよう!