culture

ドイツのクリスマスの過ごし方&クリスマスに関連するドイツ語を総まとめ!

Hitomi M.2020年12月14日4分で読める記事

どの言語を練習したいですか?

en英語
esスペイン語
frフランス語
deドイツ語
itイタリア語
ptポルトガル語
ruロシア語
ja日本語
zh中国語
ko韓国語
その他

クリスマスといえばドイツのクリスマスマーケットを思いうかべる人は多いはず。 今回は、ドイツでのクリスマスの伝統や過ごし方、そしてクリスマスに関連するドイツ語をまとめました。ドイツ語圏でクリスマスを過ごす人や過ごしてみたい人は必読です!

ドイツのクリスマスといえばクリスマスマーケット

ドイツで一番大切なクリスマスの行事といえば、クリスマスマーケット。 ドイツ語では「Weihnachtsmarkt (ワイナフツマークト)」と呼ばれます。

ドイツでは、クリスマスの約1か月前の11月中旬からクリスマスマーケットが開始されます。 有名なクリスマスマーケットは、アーヘン、シュトゥットゥガルト、ミュンヘン、ニュルンベルク、ハンブルク、ライプツィヒ、そしてドレスデンのクリスマスマーケットです。 ドイツのクリスマスマーケットは12月24日頃まで続きます。

christmas market

グリューワインなしでドイツのクリスマスは語れない!

ドイツのクリスマスマーケットは、グリューワイン(ドイツ語で「Glühwein」)と呼ばれるスパイスを入れたホットワインを友達や家族と囲む憩いの場です。

そして、様々な小物や工芸品(ドイツ語で「Kunsthandwerke」)が売られている屋台を見ながら買い物したり歩き回ります。 ジュエリーから木で作られた小物やクリスマスのデコレーション、さらにはお菓子までクリスマスプレゼントにぴったりの商品が目白おしです。

また、グリューワインはとても飲みやすい一方で酔いがまわりやすいので、少しご注意を。 少し酔ってきたら、ドイツのクリスマスの定番の生姜を使ったお菓子であるレブクーヘン(ドイツ語「Lebkuchen 」)やパンに挟んで食べるドイツのソーセージ(ドイツ語で「Bratwurst」)を頬ばるのも良いでしょう。ソーセージにはケチャップか、お好みでマスタード(ドイツ語で「Senf」)をたっぷりとかけて召し上がれ。

アドベントの夜の過ごし方

ドイツでは多くの家族が「Adventskranz」と呼ばれるアドベントリースをクリスマスの4週前の日曜にリビングルームに飾ります。このリースには4つの大きなキャンドルがついていて、松ぼっくりやベリーなどでデコレーションされています。

そして、このうち1本目のキャンドルはクリスマスの4週間前の日曜日に灯され、このように2本目のキャンドルはクリスマスの2週間前の日曜日に灯されます。 キャンドルに火を灯す時は、家族皆で静かな時間を過ごしたり、クリスマスキャロル(ドイツ語で「Weihnachtslieder」)を歌うのが伝統です。

advent christmas tradition

12月6日は聖ニコラウスの日

そして12月6日はサンタクロースの起源になったともいわれている聖ニコラウスの日(ドイツ語で「Sankt Nikolaus Tag」)です。

この前日である12月5日の夜には、子供達は靴を玄関ドアの外に置いておきます。 良い子にしていればご褒美のプレゼントがもらえますが、良い子にしていない場合は、枝か炭しかもらえないため、子供たちにとってはドキドキの一夜となります。

また、クリスマスの悪魔として知られるクランプス(ドイツ語で「Krampus」)も、この日にまつわる存在です。ドイツの伝承によれば、クランプスは半分ヤギ、半分悪魔でツノ生やした生き物。悪い子供たちを袋に入れて連れさってしまうと言われています。

ドイツでは24日のお祝いが定番

ドイツでは、クリスマスイブにクリスマスのお祝いをするのが定番です。 このクリスマスイブのことをドイツ語で「Heiligabend」といいます。

英語圏の国では12月25日にお祝いすることが多いですが、ドイツでは24日にお祝いするのが定番ということをぜひ覚えておいてくださいね。

24日には、ドイツの家庭ではプレゼントを交換し、クリスマスディナーを楽しみ、クリスマスツリーをデコレーションして、教会のクリスマスのミサへとでかけます。

さて、ここからはドイツ語でのクリスマスのお祝い表現やあいさつ表現をご紹介します。 ここで、ひとつ忘れないほしいのが、ドイツ語では常に名詞が出てくると頭文字が大文字になるということです。英語とは大きく異なる点ですので、気をつけましょう。

また、英語の「the」を意味する「der」「die」「das」といった冠詞が3種類(男性、女性、中性)がありますので、そちらも覚えておいてくださいね。

ドイツ語のメリークリスマス

Frohe/fröhliche Weihnachten!

メリークリスマス!

Frohes Weihnachtsfest!

素敵なクリスマスのお祝いを!

Frohe Festtage!

素敵な年末年始の冬休みを!

Ein frohes Fest!

素敵な年末年始の冬休みを!

Ein gesegnetes Weihnachtsfest!

素敵なクリスマスを!

Herzliche Weihnachtsgrüße!

クリスマスのごあいさつを心をこめて!

Mögen sich all deine Wünsche erfüllen

あなたの願いが全て叶いますように!

lebkuchen gingerbread

ドイツ語のあけましておめでとう

Frohes neues Jahr!

あけましておめでとうございます!

Prosit Neujahr!

あけましておめでとうございます!

Ein glückliches neues jahr

あけましておめでとうございます!

Guten Rutsch!

*ドイツに住むとよく聞かれるのがこの表現。直訳すると「良いすべりだしを!」という意味になります。あけましておめでとうとして使える表現です。

Alles Gute zum neuen Jahr!

新年が素晴らしいものになりますように!

Frohes Neues!

*こちらも「あけましておめでとう」の意味の短めの表現。「あけおめ」的な存在といえば良いでしょうか。

Glück und Erfolg im neuen Jahr!

新年での幸運と成功をお祈りしています!

その他ドイツ語のクリスマス関連単語

これらのドイツ語は、ドイツ語圏でクリスマスの時期によく耳にするはず。ドイツ語のクリスマス関連の単語をご紹介します。

サンタクロース ーder Weihnachtsmann(デア・ワイナフツマン)

クリストキンドル(幼い時代のキリスト)ーdas Christkindl (ダス・クリストキンドル)

クリスマスツリーーder Christbaum/Tannenbaum/Weihnachtsbaum (デア・クリストバウム/ワイナフツバウム/タネンバウム)

ーdie Stechpalme (ディー・シュテッフパーメ)

東方の三博士ーdie drei Weisen (ディー・ドライ・ヴァイゼン)

ヤドリギーdie Mistel (ディー・ミズテル)

キリストの降誕ーdie Krippe/Krippenbild (ディー・クリッペ/クリッペンビルド)

世界中のあらゆる言語の​ネイティブとつながって 無料で会話練習しよう!