ブラジルやポルトガルの公用語、ポルトガル語を勉強しよう

ポルトガル語をオンラインで学習しよう

今年こそポルトガル語をマスターしよう

Tandem app screenshots - CTA
外国語を話せるようになるには、会話練習あるのみ!

ネイティブとの会話でリスニングと発音を強化して、外国語を上達させよう。世界中どこからでも楽しめます。

ポルトガル語は世界で6番目に最も話されている言葉。さらには、南米ブラジルにヨーロッパのポルトガル、そしてアフリカの一部の国々でも使用されるグローバルな言語です。以前は「スペイン語ほどポルトガル語は使えない」だなんて言われることもあったようですが、そんなことはありません!ポルトガル語を勉強する価値は十分にあります!

ポルトガル語がどの国で使われているのか、具体的に見ていきましょう。ポルトガル語は現在、英語に次いで人気が高まっているヨーロッパ系言語です。ポルトガルとブラジルに加え、カーボベルデ、ギニアビサウ、モザンビーク、アンゴラ、サントメ・プリンシペで公用語として話されており、さらには東ティモール、赤道ギニア、マカオでは公用語のひとつとしてポルトガル語が話されています。

ポルトガル語はイベリア半島を起源とする西ロマンス語です。その他のロマンス諸語と同様に、ポルトガル語もかつてのローマ帝国時代に話し言葉として使われていたラテン語の俗ラテン語から発達したものとされています。ちなみに、「ポルトガル語」という名前がついたのは1290年になってからだそうです。1500年代に開発された印刷機のおかげで、ポルトガル語は標準化されましたが、その頃からポルトガル人が世界各地へと向かい植民地化を行っていたため、ポルトガル語も世界各地へと広まっていきました。

Tandem app preview pt

ポルトガル語をオンラインで勉強するメリット:オンライン学習ならではのメリット

Woman using phone
オンラインならいつ、どこでもポルトガル語を勉強できます

ポルトガル語の学習を決意したら、学習の方法を決めましょう!オンラインでの学習には、次のようなメリットがあります。

  • 時間の制約が少ない。 朝早めに起きて朝活するもよし、昼休みでもよし、さらには夜でもOK。いつ、どれくらいの時間ポルトガル語を練習したいか自分のペースで決められるのが利点です。
  • 場所の制約がない。 家でパジャマでくつろぎながら勉強するもよし、あるいはカフェや通勤中でもOK。ノートPCやスマホ、そしてネット環境がそろっていれば、どこでも勉強できてしまいます。
  • プレッシャーが少ない。 ポルトガル語をオンラインで勉強する場合は、成績や試験といったプレッシャーを感じることなく勉強できるので、ストレスなく、リラックスして勉強を楽しむことに集中できます。他の誰かのためではなく、自分のために勉強していることをお忘れなく。
  • 勉強したことを実践できる。 オンラインやアプリでポルトガル語を勉強する場合は、聴いた内容をいつでも声に出して繰り返すこともできます。自分に向いた教材を見極めることができれば、ポルトガル語学習を自分のペースで効率よく進めていけるのです。
  • 自分のレベルにカスタマイズ可能。 最近のオンライン学習では、インタラクティブな形式の教材も増えているので、自分の語学レベルや好みにあわせてカスタマイズできるものも増えています。自分のペースで進めるので、モチベーションの維持にもつながりますね。
  • お金をかけずに可能。 ポルトガル語をオンラインで学習する場合、ポルトガル語教室に通うよりもお安く済みます。さらには、オンラインの授業やオンラインの教材も多く存在しており、選択肢も豊富です。中には無料の教材も多く存在しています。
  • 世界中のポルトガル語ネイティブと言語交換してみよう。 ポルトガル語ネイティブのタンデムパートナー/言語交換パートナーをネット上で見つけることが可能です!SNSはもちろん、Tandemのアプリなら効率よくポルトガル語のタンデムパートナーを見つけることができます。ここから無料で登録&体験が可能です!
Three devices
ポルトガル語ペラペラへの近道、それはTandemアプリ上でのネイティブとの会話練習!

ポルトガル語を勉強するメリットは?

ポルトガル語は世界で6番目に最も話されている言葉であり、英語に次いで最も人気が高まっているヨーロッパ系言語です。ポルトガル語が話せるようになると、南米とヨーロッパに加え、さらにはアフリカやアジアの国々のおよそ2億人のポルトガル語ネイティブとコミュニケーションが可能となります。

ポルトガル語を母国語とするネイティブの数は多いものの、ポルトガル語はまだ第二外国語としてメジャーな存在とはいえません。でも、だからこそ学ぶ価値があるのです!ポルトガル語を話せるようになることで、履歴書やポートフォリオなどでも他の人と差をつけることができます。今こそ、ポルトガル語の勉強に投資するチャンスなのです!過去の10年でブラジルの経済が大幅に成長してきたという点からも、今後ブラジルの成長からは目を離せません。

ポルトガル語の特色といえば、メロディー感あふれる、表現多彩なイントネーションと豊かな母音。

ポルトガル語ができるようになると、スペイン語、イタリア語、フランス語、ルーマニア語といったその他のロマンス諸語の勉強がスムーズになります。同じくラテン語から派生したという経緯があるので、文法や単語、構文が似ている場合が多いのです。よって、これらの言語のうち一つができるようになると、他のロマンス諸語の学習も比較的楽に取り組めるはずです。

ポルトガル語は情緒的でとても美しい言語です。よって、単純にポルトガル語の美しさを堪能したいという動機は、ポルトガル語を学習する立派な理由になります。ポルトガル語の特色といえば、メロディー感あふれる、表現多彩なイントネーションと豊かな母音。ポルトガル語の調和的な音が、ファドやボサノバ、サンバといったポルトガル語圏を代表する音楽を生んできたのです。

ブラジルのポルトガル語とヨーロッパのポルトガル語、どちらを勉強すればよい?

ポルトガル語とはいえ、ブラジルのポルトガル語とヨーロッパで話されているポルトガル語は異なるのが事実です。よって、どちらを勉強すべきか、それはずばり個人によって異なるといえるでしょう。そこで、この章ではブラジルとヨーロッパのポルトガル語の違いを説明していきたいと思います。

ブラジルのポルトガル語は、よりゆっくり話され、より母音がオープンな印象があります。一方でヨーロッパのポルトガル語は、鼻にかかった強い母音が印象的で、聞き慣れていない場合は、急いでいるような、さらにはもぐもぐしたような音に聞こえるかもしれません。ちなみに、ブラジルのポルトガル語、ヨーロッパのポルトガル語ともに地方によってアクセントが違ったり、地域ならではの言い回しがあります。よって、どちらを選んだとしても、単語や発音にいくつかバリエーションがある可能性がありますので、覚えておきましょう。

ブラジルとヨーロッパのポルトガル語では、単語のつづりにも違いがあるケースがあります。例えば、英語の「reception(受信)」にあたるブラジルのポルトガル語は「recepcão」ですが、ヨーロッパのポルトガル語では「receção」と書きます。

現在では、ヨーロッパのポルトガル語の方がよりフォーマルな立ち位置にあると考えられており、一部文法でも違いが存在しています。

同じポルトガル語とはいえ、ブラジルとポルトガルという全く異なった地でそれぞれ発達してきたという歴史がありますので、それぞれ異なる単語が生まれても不思議ではないのです。ブラジルのポルトガル語は、南米の先住人の言葉から影響を受けていますが、一方でヨーロッパのポルトガル語は伝統的なロマンス諸語から影響を受けています。例えば、ブラジルではパイナップルを「abacaxi」と呼びます。これは、先住民が話すトゥピー語から派生したものです。一方で、ポルトガルでは「ananás」と呼ばれています。「ananás」はその他のヨーロッパ系言語と似た表現です。

ブラジルとヨーロッパのポルトガル語の違いについては、こちらの記事でもまとめていますので、是非ご参考にどうぞ。

さて、すでにどちらのポルトガル語を勉強したいか、イメージがわいてきましたか?でも、決断する前に、ひとつ大事な質問に答えてみましょう。

ポルトガル語を勉強したい理由は何?

ポルトガル語に興味をもったきっかけがありますよね。ずばり、そのきっかけこそ、ブラジルとヨーロッパのポルトガル語のどちらを選ぶか決めるときの大きなヒントになります。ブラジルとポルトガル、どちらの国により興味がつながりがありますか?転職や留学などで、ポルトガルかブラジルに渡航する予定はありますか? ブラジルのカーニバルや音楽に興味がある場合もあれば、ポルトガルの文学に興味がある場合もあるかもしれません。結局は、ブラジルとポルトガルのうち、どちらに住んだり訪れてみたいか、どちらの文化が好きか、といったことから決めていくと良いでしょう。

もしどちらの国にも行く予定はないし、どちらから始めれば良いかわからないという場合は、ブラジルのポルトガル語からスタートするのがおすすめです。基本的に、ブラジルのポルトガル語の方が簡単であると言われているからです。ブラジルのポルトガル語をある程度マスターした後、ヨーロッパのポルトガル語に挑戦するというのも良いかもしれません。

ポルトガル語の文法

ポルトガル語の文法は、その他のロマンス諸語に似ています。ここでは、ポルトガル語の文法の基本を解説していきます。

定冠詞と不定冠詞

例えば英語では、定冠詞は「the」の1種類だけ、不定冠詞は「a/an」の2種類があります。ポルトガル語では、女性詞であるか、男性詞であるかによって定冠詞も不定冠詞も変わります。また、名詞が単数か複数かによって、定冠詞も不定冠詞も変わります。

通常、「o」で終わる名詞は男性名詞とされ、よって男性名詞ならではの冠詞がつきます。一方、「a」「dade」「gem」で終わる名詞は女性名詞とされ、女性名詞ならではの冠詞がつきます。ただし、例外もあります。例えば、「ema」「grama」で終わる男性名詞、そして「ão」 で終わる名詞は女性もしくは男性名詞のいずれかとなります。


定冠詞(英語の「the」にあたるもの)

男性名詞 女性名詞
単数形 o a
複数形 os as

不定冠詞(英語の「a/an」にあたるもの)

男性名詞 女性名詞
単数形 um uma
複数形 uns umas


ポルトガル語の動詞

ポルトガル語の動詞には主に3通りのつづりがあります。まずは、「ar」で終わる動詞(例:話す/falar)。2つ目が、「er」で終わる動詞(例:食べる/comer)。3つ目は「ir」で終わる動詞(例:決める/decidir)です。たった今例として挙げた動詞は、いずれも原形です。

ポルトガル語では、時制や話し手が誰であるかによって(人称代名詞)によって、動詞の活用が異なります。

まずは、時制から見ていきましょう。ポルトガル語には6つの時制があります。Presente (現在形)、Pretérito(過去形)、__Imperfeito __(不完全過去形)、Mais-que-perfeito(過去完了形)、Futuro(未来系)、そしてCondicional(過去未来系)です。

動詞を活用するには、2つのステップがあります。まず、動詞の終わりの部分(「ar」「er」 「ir」で終わる部分)で動詞を区切ります。そして、次に、時制にあわせて新たなパーツを付け加えるのです。

下の表にポルトガル語の人称代名詞と現在形の活用パターンをまとめていますので、参考にしてください。


「AR」で終わる動詞 「ER」で終わる動詞 「IR」で終わる動詞
Eu(自分) - o - o - o
Tu(あなた) - as - es - es
Você/ Ele/ Ela(彼・彼女) - a - e - e
Nós(私たち) - amos - emos - imos
Vocês/ Eles/ Elas(彼ら・彼女たち) - am - em - em


ブラジルでは「あなた」にあたる「tu」の形式はめったに使われません。かわりに、インフォーマルに「あなた」を意味する「Você」が使われます。ただし、ポルトガルとアフリカの国々では、「você 」はフォーマルな意味で使われますので、注意しましょう。

ポルトガル語の語順

ポルトガル語の文章構造は、基本的に英語に似ていると言えるでしょう。

主語 > 動詞 > 目的語

では、具体的な例をみていきましょう。


主語 動詞 目的語 補足語
過去形 Nós
We
私たちは
lemos
read
読みました
um livro
a book
本を
na praia.
at the beach.
ビーチで
現在形 Ele
He
彼は
tem
has
持っています
uma casa
a house
家を
no Rio de Janeiro.
in Rio de Janeiro.
リオデジャネイロに
未来形 Os Senhores
You (gentlemen)
あなた方は
marcam
are going to schedule
予定しています
a reunião
the meeting
ミーティングを
para amanhã.
for tomorrow.
明日に


時制関係なく、語順は同じであることがわかると思います。

もし、否定の意味の文章を作りたい場合は、否定を意味する「não」「nunca」「nem」といった単語を動詞の前に加えます。例えば、「私たちはビーチには行きません」という文章は、「Nós não vamos à praia」となります。

もうひとつ大切なのが、形容詞の位置。ポルトガル語では、形容詞は常に名詞の後ろにつきます。例えば、「大きい家」は「A casa grande」となります。

もし質問系にしたい時は、上の語順のままでOKですが、文末にイントネーションを上げるか、書面の場合は文章の終わりにクエスチョンマークを加えましょう。

ただし、直接的な質問をしたい場合は、文章の頭に質問を意味する言葉を加えます。例えば、「リオデジャネイロで彼は何をしているの?」という質問は、「O que ele faz no Rio de Janeiro? 」となります。

ポルトガル語の発音と基本のフレーズ

ポルトガル語の基本のフレーズ
ポルトガル語で「ありがとう」thank youやその他の基本フレーズを言えるようになろう

ポルトガル語の発音を理解するために大切な5つのポイントがあります。

1.単語のどこを強調して発音するか

ほとんどのポルトガル語の単語は、最後から2番目の音節を強調します。ただし、「L」「Z」「R」「U」「I」で終わる単語の場合は、最後の音節を強調します。

ポルトガル語ネイティブは、自然と音節を強調しているので、それが外国人にとっては、まるで言葉を飲み込んでいるかのように聞こえます。ですが、実際には、強調していない部分は強く発音していないか、次の言葉につなげるように話しているのです。

2. アクセントが書かれている場合

もし単語にアクセントが書かれている場合は、上で説明したルールは無視してしまって良いです。ポルトガル語のアクセントは次の4種類あります:「á」(acento agudo)、「à」(acento grave)、「â」(acento circunflexo)、「ã」(acento til)の4つです。

ポルトガル語の発音をマスターするには、母音をすべてしっかり発音しよう

この4つのアクセントの中で一番強いのが、「á」(acento agudo)です。また、「â」(acento circunflexo)の場合は、短い単語の場合はその母音を2倍くらいの長さで発音します。例えば、「êm」という単語を発音すると、「teng」ではなく「tay-eng」といった発音になり、さらには鼻にかかった母音の音となります。

3.母音(A E I O U)

「A」の音は、口を開いた「ah」の音、もしくは閉じ気味の柔らかい「uh」の音で発音します。単語の始まりに「a」の音がある場合は前者の発音で、逆におしりにある場合は後者の「uh」の発音となります。

「E」の音も口を開いて発音する音と閉じ気味の音の両方で発音することがあります。開いた音の場合は、英語の「get」という言葉で発音するように「eh」と発音します。閉じ気味の音の場合は、英語の「lay」「way」のように「ay」と発音します。

「O」の口を開いた音は、英単語の「law」のように「aw」と発音します。閉じ気味の音は、英単語の「cold」のように「oh」と発音します。

ここで覚えておきたい大事なルールがひとつ。ポルトガル語の発音をマスターするには、母音をひとつひとつ、きちんと発音することが重要です。

4. 「S」の発音

母音の間に「s」が登場した場合は、英語の「z」のように発音します。例えば、「rosa(薔薇)」「casado(結婚している)」といった単語です。

もし単語の前方に「s」がある場合は、英単語の「soap」「Saturday」のように「s」を発音します。ポルトガル語で石鹸は「sabão」、土曜日は「sábado」です。また、単語の真ん中あたりでSが2つ続く場合も同じルールが適用されます。例えば、「profissional(プロフェッショナル)」などが挙げられます。

Sの後に「b、d、g、j、l、lh、m、n、nh、r、rr、v、z」などの有声子音が後に続く場合は、英単語の「casual」「seizure」にある、英語の「zh」「j」のような発音になります。例としては、「Islândia」「felizmente」といった単語が挙げられます。

一方で「c、ç、ch、f、p、q、s、t」などの無声子音が後に続く場合は、英単語の「English」で発音するように「sh」の音で発音します。この発音が見られるポルトガル語の単語の例としては、「Inglês」「faz」などがあります。

5. 「C」と「 Ç」の発音

まず、日本では見たことのない「Ç」の文字ですが、これは「cedilla」あるいは「cedilha」と呼ばれるものです。「Ç」は基本的に「sss」と発音します。英単語の「service」と似たような音です。この発音があるポルトガル語の単語には「comunicação」「açúcar」などが挙げられます。「C」の発音は、次に来る母音によって読み方が変わります。「C」の後にa、o、uやl、rが続く時はカ行の発音です。また、e、iの前ではサ行の発音のsと同じ音を意識しましょう。

さて、ここまできたら、次はポルトガル語の基本的な単語やフレーズを見ていきましょう!

Bom dia!
Sound Icon
こんにちは!
Como vai?
Sound Icon
調子はどう?
Eu estou bem, e você / tú?
Sound Icon
私は元気です、あなたは?
Não sei
Sound Icon
分かりません
Até logo!
Sound Icon
また後でね!
Obrigado / Obrigada
Sound Icon
ありがとう
De nada
Sound Icon
どういたしまして
Qual é o seu nome?
Sound Icon
あなたのお名前は?
Me chamo…
Sound Icon
私の名前は…
Desculpa
Sound Icon
ごめんなさい
Feliz aniversario!
Sound Icon
誕生日おめでとう!
Felicidades!
Sound Icon
おめでとう!
Vens de que país?
Sound Icon
出身国は?
Eu venho do Japão
Sound Icon
日本出身です
Não compreendo
Sound Icon
分かりません



ポルトガル語学習に最適の素材は?

ポルトガル語を効率よく勉強するのに使える教材や素材のリストをまとめてみました。

1. Tandem

ポルトガル語ネイティブのタンデムパートナーと会話練習するのが一番速く上達する方法です。とはいっても、自分のポルトガル語が上手でない状態では、相手に飽きられてしまうのではと心配になりませんか?でも、Tandemのアプリなら心配無用!というのも、自分がポルトガル語を習う代わりに、相手に日本語を教えてあげることができるので、対等の立場で言葉を練習することができます。これなら安心ですよね!

Tandemのアプリはポルトガル語に限らず、あらゆる外国語の習得に非常に効果的なメソッドです。Tandemのコミュニティには世界中から1000万人以上が参加しています。Tandemのアプリを使えば、世界中のポルトガル語ネイティブから、気の合う仲間を見つけて会話練習することが可能です。会話の形式も、自分の好きなものを選べます。例えば、テキストメッセージや音声メッセージ、ビデオ通話など、自分にあったスタイルで会話できます。

しかも、Tandemのアプリは無料で使うことができます!ポルトガル語の世界に浸りきって、いち早く会話能力をアップさせませんか?

カフェでタンデムパートナーと言語交換
語学学習を楽しく成功させる方法をご存知ですか?それがTandemです!ネイティブと会話練習して実際のシチュエーションで言葉を使ってみよう!

2. Bab.la

どの言語を勉強する場合でも、自分にとって使いやすい辞書が必ず必要です。そこでおすすめなのが、Bab.la。Bab.laは単語の意味を調べられるだけでなく、よく使われる表現も調べることができるオンライン辞書です。さらには単語の意味だけでなく、動詞の活用形なども見ることができてとても便利です!

3.ポッドキャスト

音声を中心に語学を勉強したいという人には、ポットキャストがおすすめです。ポルトガル語学習者にもおすすめのポッドキャストがいくつかあります。まず初心者には、「Todo Mundo Pod」がおすすめです。このポッドキャストはポルトガル語学習者のために作成されているので、最初にトライするのにおすすめです。

ポルトガル語中級〜上級者におすすめなのが、「RTP Play (Rádio e Televisão de Portugal) 」です。RTPとは、ポルトガル語の国営ラジオ・テレビ局のこと。その公式サイトで、さまざまなポットキャストを無料で配信していますので、チェックしてみてくださいね。

4. YouTube

まず、ブラジルのポルトガル語を勉強したい場合は「Speaking Brazilian」がおすすめです。このチャンネルはブラジル人によって作成されており、文法や語彙、発音などを楽しく勉強できる内容となっています。このチャンネルでもブラジルとヨーロッパのポルトガル語の違いを解説しています。

ヨーロッパのポルトガル語を勉強したい場合は「Portuguese With Leo」がおすすめです。

5. 東京外国語大学のオンラインモジュール

文法や発音などをしっかり勉強したいという人には、東京外国語大学が無料で公開しているポルトガル語学習ページがおすすめです。 このページでは、ブラジルのポルトガル語とヨーロッパのポルトガル語に区別して、モジュールが掲載されています。

TandemのアプリやYouTubeチャンネル、さらには東京外国語大学のオンラインモジュールなど、今では無料で使える語学学習ツールが非常に充実しています!それぞれのツールを賢く使って、楽しく、効率的に、そしてお金をかけすぎずにポルトガル語を習得しましょう!

Three devices
ポルトガル語ペラペラへの近道、それはTandemアプリ上でのネイティブとの会話練習!