Tandemの使い方

Skypeでの外国語学習(語学交換)は効果あり?その利点とマイナス点のまとめ

Hitomi M2020年3月18日6分で読める記事

どの言語を練習したいですか?

en英語
esスペイン語
frフランス語
deドイツ語
itイタリア語
ptポルトガル語
ruロシア語
ja日本語
zh中国語
ko韓国語
その他

新しく言語を学ぶ中で、オンラインのコースやグループレッスンで行き詰まっていませんか? あるいは、語彙や文法知識を増やしたくても、自力では限界を感じ始めていませんか?

また、スピーキングのスキルを上達させたくても、今の学習方法では手ごたえを感じられないというケースもありがちです。 このような壁にぶつかったら、Skypeでの言語学習を試してみると良いかもしれません。

Skypeで語学交換をすることによって、勉強中の言語のネイティブスピーカーとのスピーキング、およびリスニングの練習が可能になります。

本記事では、Skypeレッスンの利点とマイナス点を以下にまとめました。 また、Skype以外にも活用できる語学学習アプリのリストもまとめましたのでご覧ください。

Skypeでの語学学習をオススメする理由

Skypeはチャットやビデオ通話、音声通話でのコミュニケーションを可能とするツールです。家族や友人との会話だけでなく、語学交換や文通パートナーとのチャットにも便利です。

勉強中の言語を流暢に話せるようになるには、その言語を母国語とするネイティブスピーカーとの練習が一番有効です。 これを、「語学交換」や「ランゲージエクスチェンジ」、あるいは「タンデム」と呼びます。

ご参考までに、ドイツでは「語学交換」よりも「タンデム」と呼ばれることがほとんどです。 ベルリンでは、友達と会話していると、「I text with my tandem partner everyday(タンデムパートナーと毎日メッセージで会話してるの)」などと会話にでてくることもあります。)

語学交換の相手と直接会えない場合、 Skypeのビデオ通話もしくは音声通話を試してみてはいかがでしょうか。

ネイティブスピーカーの会話を聞くことで、語学教材などではカバーされていない慣用句や熟語、スラングや言い回しを学ぶことができます。 さらには、自身の発音やアクセントも相手が聴いて確認してくれるので、改善に役立てることができます。

普段は出会う機会が無いような、異なる文化圏の誰かと一緒に学習できるなんて、素敵ですよね。

Skypeの利点

それでは、その他の言語学習ツールよりも Skypeを優先すべき利点とは、ずばり何でしょうか?

Skypeは、言語学習のために開発されたツールではありませんが、言語学習に活用するにおいて、とても便利なツールと言えるでしょう。さて、利点を見ていきましょう。

1. Skype利用人口が全世界レベルで多い

すでに Skypeのアカウントを持っている人も多いかと思いますが、 Skypeのアカウント所有者数は数百万人とも言われ、世界規模で普及しているツールと言えます。

ですから、言語学習に取り入れるのも比較的簡単です。 もしアカウントを持っていなかったとしても、簡単に登録可能です。

2. グループチャット機能

Skypeにはグループチャット機能があります。

現在では、最高50人とグループチャットが可能です。 もし友達とグループで言語学習したい場合は、グループチャットも活用すると良いでしょう。

3. 録音が可能

Skypeでの通話は録音可能です。 毎回のセッションを録音しておくことで、後々聴き直して、復習に役立てることができます。

自分が話している内容を改めて聴くのは勇気がいるかもしれません。 いざ聴いてみると、「全然ダメだ!」「こんな話し方だなんて恥ずかしい!」と思う場合もあることでしょう。

でも、いきなり語学をマスターできる人なんて、存在しないのです。 ですから、間違えても大丈夫。

タンデムパートナーとの練習では、完璧に話せなかったとしてもお互い様なのです。 まずは、自分の話す内容を聴いてみることで、自分の会話レベルを認識しましょう。

4. 無料で使える

Skypeの利用は無料です。すでに自宅などにネット環境が整っているようであれば、余計な追加料金はかかりません。 通常のプライベートレッスンは比較的値段が高く設定されているので、敷居高いという人もいることでしょう。 でも、Skypeを使って語学交換すれば、節約しながら語学学習ができます。

それでは、 Skypeでの言語学習におけるマイナス点とは何でしょうか? 順に見ていきましょう。

Skypeのマイナス点

1. Skypeそのものは、語学交換を見つける場ではない

Skypeで誰かと通話するには、相手のユーザーネームやメールアドレス、あるいは電話番号が必要です。 よって、 Skype上で誰か知らない人と新たに知り合うということは至難の技です。

つまりは、まずは他のプラットフォームで語学交換の相手を見つけてから、 Skypeでの通話へと進む必要があります。

2. 音声通話やビデオ通話に後ろ向きな人も

もう一つの注意点、それは、すべての語学交換のパートナーが、ビデオ通話もしくは音声通話に前向きであるとは限らないこと。 面識のない人との会話にためらうという人もいることでしょう。

もしビデオ通話に気が乗らないようであれば、 Skypeでなくても良いのです。 その他のツールでのコミュニケーションが可能ですから、無理する必要はありません。

3. 翻訳機能は一部言語のみ対応 &言語学習専門ツールではない

Skypeには文章および音声翻訳機能がついていますが、一部の言語のみ対応しています。

また、 Skypeは語学学習専用ツールとして開発されたものではありません。

楽しく使えるツールを見つけよう

新しい言語を学ぶにあたり大切なこと。 それは、精神的にストレスを感じるツールではなく、よりスムーズに楽しく勉強できるよう手助けしてくれるツールを見つけることです。

流暢になるためにも、自分に向いたツールを選んで活用しましょう。

Tandemは、言語を学びたい人をサポートするために生まれたアプリです。 Tandemのアプリを活用することで、自宅やどこでも好きな場所から、現在勉強中の言語のネイティブスピーカーと交流する機会を得ることができます。

Skypeでの語学交換は安全?

Skype活用時も、その他のコミュニケーションおよびメッセージツールと同様、インターネット上の安全ルールを守りましょう。

Skypeでの語学交換は基本的には安全ですが、面識のない人と会話する場合においては、相手に関する情報が常に正しいとは限らないことを心に留めておきましょう。

同様に、自分の個人情報に関しても、相手にどの程度明らかにするか、よく検討しましょう。

万が一の場合はブロック機能もあり

もし不審な人物から通話やメッセージが続く場合は、 Skype上でブロックすることも可能です。

一度ブロックすると、相手ユーザーにブロックした旨を通知したいかどうかを Skypeから訊かれるはずです。 希望にあわせて、通知もしくは非通知に設定しましょう。

Skype以外にどのツールが便利?

Skypeは言語学習者のために開発されたツールではありませんので、 Skype上で語学交換の相手を探すことはできません。

でも、ご心配なく。

語学交換のパートナーを探してみたい人や言語学習のための新たなツールを探している人のために、Tandemがオススメするツールのリストを下に公開します。

Tandem

せっかくですので、Tandemのモバイルアプリおよびウェブサイトについて、ここでもご紹介させていただきます。Tandemは、無料で使える語学交換専門のアプリです(有料プランのTandem Proもあり)。

合計200言語以上に対応し、数百万人ものネイティブスピーカーとつながることができるプラットフォームとして全世界にてご好評いただいています。 日本語を勉強中の外国人の方も沢山います!

単語暗記や自習にある程度飽きてきた人、スピーキングを強化したい人、新たな方法を試してみたい人は、ぜひTandemのアプリで、実戦練習してみませんか?アプリ内のメッセージ機能を使えば、語学交換を希望する相手に気軽に連絡が可能です。

また、自動修正ツールも内蔵しているので、綴りなどを間違えても、どこが間違っているか簡単に確認が可能です。

さらには音声通話やビデオ通話を試す心の準備ができたら、ぜひ挑戦してみてください。 ネイティブスピーカーの力をかりて、発音やアクセントを矯正しましょう。

外国語を流暢に話せるようになるには、練習を積み重ねることが必須です。

チャッターバグ(Chatterbug)

チャッターバグも Skypeに代わる言語学習ツールのひとつです。

様々なオンラインコースや個人別にパーソナライズされたカリキュラム、さらにはネイティブスピーカーの教師とのビデオ通話レッスンなどが可能です。

完全なビギナーでない場合は、レベル分けテストを受けることで、自分のレベルにあった内容を楽しむことができます。 自分の学習状況を確認するのもプラットフォームで簡単に可能です。

ドゥオリンゴ(Duolingo)

語学交換をするのに自分の語学力が十分でないと感じる場合は、まずドゥオリンゴを試してみましょう。

言語学習アプリとしては世界的に知名度も高く、最初の基本の単語から文法エクササイズまでカバーすることができます。 アプリ内ではゲーム感覚で楽しめるコンテンツが豊富なので、楽しくモチベーションを保ちながら勉強できるはず。

毎日のレッスンに病みつきになってしまうかも?

バベル(Babbel)

ドゥオリンゴ同様、語学交換に向けて準備するために最適なツールのひとつです。

バベルは購読ベースのアプリであり、言語学習のプロによって制作された、10〜15分で完了できるレッスンが目玉商品です。 また、会話スキル上達にフォーカスしたレッスン内容も評判となっています。

たまには直接会って会話練習したい人のために

さて次は、オンラインではなく実際に会って会話能力を高めたい人のための選択肢を挙げてみましょう。

オフラインミーティング

世界各都市にて、同じ言語を学ぶ人同士で定期的に集うミートアップ(集い)が開催されています。Meetupにアクセスし、お住まいの地域にて、そのような集いや語学交換の集会があるか、探してみましょう。

語学交換の相手を見つける以外にも、同じ言語を勉強している人と知り合うことも可能です。 一緒に勉強する仲間を見つけることは、言語上達において重要な要素となります。

どうしても理解的できない文法など、他の人も苦戦しているのかもしれません。 一緒に学び、励ましあう仲間もできると、自分にプレッシャーをかけにくくなり、気持ちが楽になるかもしれません。

結論: Skypeはやっぱりおすすめのツール。専門家の指導が欲しければ他のツールも活用しよう

ネイティブスピーカーと会話したいというだけであれば、 Skypeは便利なツールと言えます。

ただし、それ以上に指導や言語学習ツールが欲しいという場合であれば、上に挙げた選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

どのツールを使ってみるか決めた上で、「語学交換を始めてみたい!」と思った方は、ブログ記事「気持ちよくTANDEMを利用するために守りたい7つのエチケット」もぜひご覧ください。

私たちTandemは、語学学習に励む皆さんの味方です。 皆様の言語学習がより楽しく、充実したものになりますように。

Tandemの言語交換アプリで外国語ネイティブとランゲージエクスチェンジをしよう

ある程度外国語の基礎が理解できるようになったら、ぜひTandemの言語交換アプリで、世界中の外国語ネイティブのタンデムパートナーを探してみてくださいね!

Tandemのアプリはこちらから無料でダウンロード可能です! 世界各地の言語交換パートナーとランゲージエクスチェンジを楽しみ、会話力をアップさせましょう!

世界中のあらゆる言語の​ネイティブとつながって 無料で会話練習しよう!