Tandemの使い方

解説!外国語の習得レベルをあらわすCEFR(セファール)って?

Hitomi M.2020年8月19日6分で読める記事

どの言語を練習したいですか?

en英語
esスペイン語
frフランス語
deドイツ語
itイタリア語
ptポルトガル語
ruロシア語
ja日本語
zh中国語
ko韓国語
その他

CEFR(セファール)とは、ヨーロッパ言語共通参照枠と呼ばれる外国語の習得レベルのガイドラインです。 Wikipediaによると、CEFR(セファール)は「ヨーロッパ全体で外国語の学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドライン」と定義されています。

CEFR(セファール)はヨーロッパ圏での留学や就職、移住を目標にしている人は、避けては通れないくらい、重要です!

学生ビザや就労ビザの取得において、例えば最低でもB1レベル、あるいはB2レベルなど、語学検定試験の合格認定証の提出が必要となるケースも多くあります。 特に永住権や国籍の取得を目指す場合はB2レベル〜C1レベルが必須となるケースも多くあります。

自分の現在の語学レベルを見極め、目標のレベルを合格できるよう、がんばりましょう!

CEFR(セファール)の語学レベルの解説

CEFR(セファール)では、おおまかに分けてA、B、Cの3つのグループが登場します。

Aグループ=基礎段階の言語使用者(Basic User)

レベル 具体的なスキル
A1
  • 身近な日常表現や、具体的なニーズの充足を目的としたごく基本的な表現を理解し、使用できる。
  • 自身や他人の紹介ができ、住んでいる場所や知り合いについてなど、相手についてのより詳しい情報について質問をし、回答することもできる。
  • 相手がゆっくりとはっきりと話し、助ける準備ができていれば、簡単な方法で交流することができる。
A2
  • 最も身近な分野に関連した文章や、ひんぱんに使われる表現が理解できる(例:非常に基本的な個人情報や家族情報、買い物、地域の地理、仕事など)。
  • 身近な事柄や日常的な事柄について、簡単で直接的な情報交換を必要とする単純かつ日常的な業務において、コミュニケーションをとることができる。
  • 自分の背景、身近な環境、必要とされる分野の事柄を、簡単な言葉で説明することができる。

Bグループ=自立した言語使用者(Indepenent User)

レベル 具体的なスキル
B1
  • 仕事、学校、レジャーなどで日頃から遭遇する身近な事柄について、明確に要点を理解できる。
  • その言語が話されている地域を旅行している間、起こる可能性の高いほとんどの状況に対処することができる。
  • 身近な話題や個人的に興味のある話題について、シンプルな接続した文章を作成することができる。
B2
  • 専門分野の技術的な議論を含め、具体的・抽象的なテーマについて、複雑なテキストの主要な考え方を理解することができる。
  • ネイティブスピーカーとの定期的な交流において、お互いに負担をかけずに会話を可能にする程度の流暢さと自発性を持って交流ができる。
  • 幅広いテーマについて、明確で詳細な文章を作成し、様々な選択肢のメリットとデメリットを与えながら、話題性のある問題についての視点を説明することができる。

Cグループ=熟練した言語使用者(Proficient User)

レベル 具体的なスキル
C1
  • 幅広いテーマの要求の厳しい長い節を理解し、暗黙の意味を認識することができる。
  • 表現を探すことなく、自然と流暢にアイデアを表現できる。
  • 社会的、学術的、専門的な目的のために、柔軟かつ効果的に言語を使用することができる。
  • 複雑なテーマについて、明確で構造化された詳細な文章を作成することができ、よく構成され、自然な流れをもつ、よくまとまった文章に仕上げることができる。
C2
  • 読み聞きしたこと、ほぼすべてを簡単に理解できる。
  • 異なる話し言葉や書き言葉からの情報を要約し、一貫性のあるプレゼンテーションの中で議論や説明を再構築することができる。
  • 自発的に、非常に流暢に、そして正確に表現でき、最も複雑な状況においても、より細かい意味の濃淡を区別することができる。

以上が、CEFR(セファール)ことヨーロッパ言語共通参照枠が定める語学レベルの解説でした。

CEFR(セファール)はあらゆるヨーロッパ系言語の語学レベルのガイドラインとして使用されていますので、ぜひ自分の語学レベルをCEFR(セファール)の基準で測定しておきましょう。

ドイツ語検定試験DELEスペイン語検定DELF/DALFフランス語検定試験などを受験する場合は、CEFR(セファール)の語学レベルで試験がレベル分けされていますので、受験するレベルを選ぶところから始めましょう。

green-chameleon-s9CC2SKySJM-unsplash

Tandemアプリで自分の語学レベルを設定しよう

Tandemのアプリでは、自分のプロフィール欄に語学レベルが表示される仕組みになっています。

これによって、言語交換パートナーに対し、自分の語学レベルをあらかじめ伝えることができます。

現在、Tandemでは次の3つのレベルに分けています。

初級

まだ習いたての人は、初級レベルとなります。単語をまったく知らない場合や、いくつか簡単な単語や文章を知っている状態が初級です。例えば、自己紹介をしたり、道をきく方法など、基礎の基礎から勉強する必要があります。

初級レベルでは、ビデオ通話はオススメしません。 この段階ではチャットや音声メッセージでのやりとりがオススメです。 その他、Tandemの翻訳ツールなどを活用して、タンデムパートナーと交流してみましょう!

中級

中級になると、基礎を理解し、より自信をもって、簡単な話題について話ができるレベルに到達します。

自力で買い物に行ったり、友達と予定を組んだり、旅行を計画したり、好きな映画のあらすじを説明できるようになるはずです。

また、Tandem Fundazioaの研究によれば、中級になるとビデオ通話での言語交換が可能になるということです。

自分が中級に至っているか判断するには、過去の出来事について過去形を使って話せるかを基準にしてみてください。 英語の場合「I have seen…」といった文がスムーズに使えれば、問題ありません。

上級

上級になると、自信をもって会話ができるレベルです。

突発的な会話にも問題なく対応でき、流暢に会話をすることができます。 ニュースも理解し、仕事や勉学においても問題なく言語を活用できるレベルです。

Tandemのアプリでの語学レベルとCEFR(セファール)

Tandemの語学レベルとCEFR(セファール)は次のように対応しています。

  • 初級=A1/A2レベル
  • 中級=B1レベル
  • 上級=B2レベル以上

と対応していますので、参考にしてください。

kelly-sikkema-YnRNdB-XTME-unsplash

Tandemの言語交換アプリでランゲージエクスチェンジ&外国語の会話力をみがこう

Tandemの言語交換アプリを使うと、お互いの母国語を教えあう「ランゲージエクスチェンジ」のスタイルで外国語を勉強することができます。

ただし、言語交換を成功させるためには、タンデムパートナーと自分のお互いの語学レベルを正しく把握することが大切です。よって、Tandemのアプリでもプロフィール欄に語学レベルが表示される仕組みになっています。

「外国語をもっと効果的に、飛躍的に上達させたい!」 そんな人は、Tandemの言語交換アプリで気が合うネイティブスピーカーとつながり、会話の練習をしてみましょう!

フレーズからスラング、文法について説明してもらうのも、よし。 自分と同じように外国語を勉強中の仲間とただおしゃべりするのもよし。 Tandemの言語交換アプリはこちらから無料ダウンロードが可能です!

世界各地の言語交換パートナーとランゲージエクスチェンジを楽しみましょう!

世界中のあらゆる言語の​ネイティブとつながって​無料で会話練習しよう!