言語

ポルトガル語のメールや手紙の結びで役立つ36のフレーズ

2021年6月6日5分で読める記事

どの言語を練習したいですか?

en英語
esスペイン語
frフランス語
deドイツ語
itイタリア語
ptポルトガル語
ruロシア語
ja日本語
zh中国語
ko韓国語
その他

この記事では、ポルトガル語のメールや手紙を書くときに必ず必要となるポルトガル語のあいさつや結びの表現の書き方をわかりやすくご紹介します!

現在ポルトガル語を学習中ですか?Tandemのアプリなら、世界中の数百万人ものメンバーから気が合うポルトガル語ネイティブのタンデムパートナーが見つかりますよ!メッセージや音声メッセージ、音声通話やビデオ通話で会話練習することで、ヨーロッパのポルトガル語も、ブラジルのポルトガル語も、生きた表現を学ぶことができます!アプリのダウンロードはこちらから、無料で可能です!

外国語学習中の人にとって、メールやメッセージ、手紙を書くことは相当効果あるエクササイズ!

何を書きたいか、何を表現したいか考えながら実際に外国語で文章を作ってみたり、真似してみることから、バイリンガルへの道ははじまります。

とはいえ、メールや手紙でよく使われるポルトガル語の表現というのは、口語や耳できくポルトガル語とは少し違うもの。そこで、メールや手紙でよく使う単語についても、この記事の後半でまとめています。

まず手紙を書く前に考えること〜手紙は誰宛?敬語で書く必要あり?〜

ポルトガル語は敬語と普通語の区別がはっきりしている言語。
よって、手紙やメールの宛先は次のうちどれか、考えるところからスタートです。

  1. 友人や近しい家族など近しい相手へのカジュアルな内容
  2. 会社の同僚や年上の相手などへのセミフォーマルな内容
  3. 初めて連絡する相手や偉い人へのフォーマルな内容

ポルトガル語のメール/手紙の宛名の書き方

ではここから、ポルトガル語のメールと手紙の宛名の書き方をカジュアル、セミフォーマル、フォーマルの3つの状況に分けて説明します。

カジュアル

友人や家族に対するメールでは、相手が男性の場合は名前の前に「Querido」相手が女性の場合は名前の前に「Querida」を書きます。これは、英語の「Dear」にあたる表現です。 例えば、Carlosさんという友人の男性に手紙を書く場合は「Querido Carlos(カルロスへ)」と書きます。

そしてポルトガル語には、もうひとつ英語の「Dear」にあたる表現もあります。それが、「Caro」と「Cara」です。もちろん、これを使ってもかまいません。
「Caro Carlos」という風になります。

さらに、最もシンプルな宛名の書き方をご紹介しましょう。
それは、「Olá(こんにちは)」と「Oi(こんにちは:英語のHiにあたる内容)」です。

あいさつで書き始めてもOK

また、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」などのポルトガル語のあいさつでメールを書き始めることも可能です。
その場合は「おはようございます」などのフレーズの最後に「, (コンマ)」をお忘れなく。

おはようございます
Bom dia,
こんにちは
Boa tarde,
こんばんは
Boa noite,

ポルトガル語で最も使われる15のあいさつ表現についてもこちらの記事でまとめていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

フォーマル

まだ親しくない職場の同僚たちへのメールの場合は、次の宛名を使うと良いでしょう。

  • 「Prezado colega,」
  • 「Estimado colega,」

相手の名前がわからない場合

相手の名前が不明かつ敬語で宛名を書きたい場合は次の表現を使いましょう。

相手が男性の場合 「Prezado Senhor,(英語のdear sir)」

相手が女性の場合 「Prezada Senhora,(英語のdear madam)」

相手が複数の場合 「Senhores,」

さらにスマートにメールを書きたい人は 英語の「whomever it may interest(関係当事者殿)」を意味する「A quem possa interessar,」という表現を使いましょう。

ポルトガル語のメール本文の書き方

ポルトガル語のメールや手紙の本文では、次のような表現を使いましょう。

カジュアル

  • Tudo bem? もしくはTudo bom? (元気?最近どう?)
  • Como estão as coisas? (最近どう?)
  • Tentei ligar para você (電話しようとしたんだよ)
  • Queria saber se… (…かどうか知りたい)
  • Bom final de semana! (良い週末を!)

フォーマル

  • Quero agradecer (お礼申し上げます)
  • Solicito essa oportunidade (この機会にぜひお願いします)
  • Escrevo-lhe para saber sobre… (…についてお尋ねしたくメールさしあげております)
  • Venho enviar a documentação (書類をお送りいたします)
  • Encaminho em anexo (添付をご確認ください)
  • O documento está em anexo (書類を添付しました)

「anexo」という単語を使う時は、少し注意が必要です。なぜなら、「anexo」は形容詞なので、その形容詞が修飾する名詞が男性名詞か女性名詞かによって、最後の「o」が「o」のままである場合もあれば、「a」に変化する場合もあるからです。

例えば、「写真を添付します」という表現の場合、「fotografia」という単語は女性名詞ですので、「anexa」が使われます。よって、「a fotografia anexa a este email」と書く必要があるのです。

friends working together at table with laptop and coffee

ポルトガル語をオンラインでお金をかけずに手早く学習する方法については、こちらの記事を参照してみてください!ブラジルとヨーロッパのポルトガル語の違いについてや、ポルトガル語の基本のフレーズやあいさつ表現についてもわかりやすくまとめています。

ポルトガル語のメール/手紙の結びの表現

ポルトガル語のメール/手紙の宛名と本文の書き方がわかったら、最後に締めくくり方を覚えてしまいましょう。

カジュアル

  • Abraços (敬具、英語の「Regards」)
  • Lembranças (敬具、英語の「Kind Regards」)
  • Um abraço (ハグ) もしくはAbraços!/Abs! (沢山のハグ)
  • Um beijo (キス) もしくはBeijos!/Bjs! (沢山のキス)
  • Até mais! (また後でね!)

フォーマル

ポルトガル語のフォーマルなメール/手紙の結びの表現で一番使われるのが、「Atenciosamente」もしくは英語の「Sincerely」にあたる「Atentamente」です。

さらに便利なのが、次の表現です:

  • 「Caso necessite de qualquer assistência extra, por favor entre em contato」(何かお手伝いが必要でしたら、遠慮なくご連絡ください)
  • 「Sem mais, agradeço desde já」(この件について、あらかじめお礼申し上げます)
  • 「Aguardo sua resposta」(お返事を心待ちにしております)

ポルトガル語のメール/手紙でのあいさつ

  • 「Obrigado/Obrigada (ありがとうございます)」注:手紙の書き手が男性の場合は「Obrigado」、書き手が女性の場合は「Obrigada」となります。
  • 「Com meus cumprimentos」(直訳すると「賛辞を込めて」、英語の「Best regards」)
  • 「Sinceramente」 (「敬具」、英語の「Sincerely」)

さて、いかがでしたか?

これでポルトガル語の手紙やメールを書く準備が整いましたよ。

フランス語、ドイツ語、英語にも興味がある人は、フランス語のメールの結びの表現ドイツ語でのメールの書き方、そして完璧な英文メールの書き方についてもわかりやすく解説していますので、読んでみてくださいね。

1000万人以上が体験済み!Tandemのアプリで楽しく、留学や高額教材なしでバイリンガルになっちゃおう!