言語

これでもうこわくない!ドイツ生活で使えるドイツ語のメールの書き方

Hitomi M.2020年6月24日4分で読める記事

どの言語を練習したいですか?

en英語
esスペイン語
frフランス語
deドイツ語
itイタリア語
ptポルトガル語
ruロシア語
ja日本語
zh中国語
ko韓国語
その他

ドイツ語でメールを書かなければいけなくなった時、妙に緊張しませんか? でも、大丈夫!ドイツのお役所宛のメールも、ドイツ人の友達宛のメールも、Tandemがお手伝いします。

フランス語学習中の方は、フランス語でのメールの締めくくり方について、ぜひこちらの記事をご覧ください。

Tandemのアプリなら、勉強中の外国語ネイティブとつながり、言語交換でいつどこでも会話練習が可能です。 アプリを無料ダウンロードして、今すぐはじめよう!

writing email

ドイツ語の敬語に注意

ドイツ語では日本語同様に、カジュアルな話し方と敬語の区別がしっかり存在しています。 よって、お役所など公式の場へのメールは、敬語で書けるようになりましょう。

「Sie」と「du」

「Sie」と「du」はいずれも「あなた」といった相手を示す言葉ですが、相手との関係によってこれらをきちんと使い分ける必要があります。 敬語の場合は「Sie」、そしてカジュアルな場合は「du」となります。 初対面の相手や年上の相手、さらにはお役所など公の場では「Sie」を使えば安心です。

敬語の「Sie」はいつも大文字でスタート

敬語では、「Sie」の頭の「S」は必ず大文字になります! その他、「Ihr(e)」や「Ihnen」などの場合も頭文字は大文字です。

また、ドイツではビジネス文書やあらゆるタイプの仕事場のやりとりでは、「Sie」がデフォルトとなります。

苗字と名前

ドイツでは、相手を名前(ファーストネーム)で呼ぶか、苗字で呼ぶかきちんと判断する必要があります。 「Sie」と「du」の区別があるように、初対面の相手やビジネスでやりとりする相手は苗字で呼ぶのが安全でしょう。

ただし、相手から「名前(ファーストネーム)で呼んで!」と言われた場合には、名前で呼んで問題ありません。

手紙を書く場合

手紙を書く時には、ぜひ次のアイデアを参考にしてください。 ドイツ社会にはアナログなところもかなり残っていますので、色々な理由でメールでなく手紙を書かなければいけない場面も登場することがあります。

german post

手紙の書き始め方

まず呼び名は次のように書きましょう。

敬語で名前を知っている男性に書く場合

Sehr geehrter Herr ⚫️⚫️⚫️(苗字),

Herrの後には、相手の苗字を書きましょう。(例:Sehr geehrter Herr Schmidt,)

敬語で名前を知っている女性に書く場合

Sehr geehrte Frau ⚫️⚫️⚫️(苗字),

男性の場合と同様に、Frauの後には、相手の苗字を書きましょう。(例:Sehr geehrter Frau Müller,)

相手の名前が分からない場合(お役所への手紙など)

Sehr geehrte Damen und Herren,

お役所やビジネス文書で、相手や担当者の名前が分からない場合には、この表現を使いましょう。 英語でいう「Dear Sir or Madam」と同様の表現です。

カジュアルな書き方

Hallo ⚫️⚫️⚫️(名前),

これは英語の「Hello」と同じ意味ですが、カジュアルな手紙やメールで男女宛に使える表現です。

女性の友人や知り合いへの書き方

Liebe ⚫️⚫️⚫️(名前),

ドイツでの手紙やメールの書き出しで一番使われる表現のひとつがこちら。 英語でいう「Dear」のような表現です。

ただし、女性の友人や知り合い、家族などに使う表現ですので、公式の手紙などではふさわしくありません。

男性の友人や知り合いへの書き方

Lieber ⚫️⚫️⚫️(名前),

女性の場合と同様、男性の友人や知り合い、家族に使う表現です。

メールの書き始めは常に小文字で!

英語やその他ヨーロッパ系言語との大きな違いがひとつあります。 それは、ドイツ語のメールや手紙の本文では、最初の字は必ず小文字になるということです! 注意しましょう。

writing email german

メールの締めくくり方

本文の終わりには、次のような一文を添えるようにしましょう。

Ich bedanke mich bei Ihnen im Voraus

(事前にお礼申し上げます。)

Ich würde mich freuen, bald von Ihnen zu hören

(お返事をお待ちしています。)

Für weitere Auskünfte stehe ich Ihnen gerne zur Verfügung

(その他何か必要な情報があればいつでもご連絡ください。)

結びの挨拶(敬語)

日本語の「敬具」などにあたる結びの挨拶もお忘れなく。次の表現を使ってみましょう。

Mit freundlichen Grüßen

公式な手紙で一番よく使われる結びの言葉がこちら。英語に訳すと「with friendly greetings」となります。 また、メールやテキストなどカジュアルな場面では「mfg」と頭文字だけに訳して使われたりもします。

Mit herzlichen Grüßen

英語の「With Best Wishes」です。

Mit besten Grüßen

英語の「Best Regards」 もしくは「With Kind Regards」です。

Ihr(e)

英語でいう「Yours」です。書き手が女性の場合は「Ihre」、男性の場合は「Ihr」を使います。

結びの挨拶(カジュアル)

カジュアルな状況では、次のような表現が使われます。

Viele Grüße Liebe Grüße

一番よく使われる表現がこの2つです。 さらには、メールやテキストでは頭文字だけに略して「VG」もしくは「LG」と使われることがよくあります。

Gruß

英語の「Regards」です。

Mach's gut!

英語の「Take care!」もしくは「Take it easy!」です。メールで使われる場合が多い表現です。

Dein(e)

英語の「Yours」です。書き手が女性の場合は”「Deine」、男性の場合は「Dein」となります。

コンマはつけないこと

また、英語では、このような結びのことばの末にコンマをつけますね(例:Kind Regards, )。 ただし、ドイツ語では必要ありません! 混同しないように注意しましょう。

Tandemの言語交換アプリでドイツ語のランゲージエクスチェンジをしよう

ある程度ドイツ語の基礎が理解できるようになったら、ぜひTandemの言語交換アプリで、ドイツ語ネイティブのタンデムパートナーを探してみてくださいね!

Tandemのアプリはこちらから無料でダウンロード可能です!

世界各地の言語交換パートナーとランゲージエクスチェンジを楽しみましょう!

世界中のあらゆる言語の​ネイティブとつながって​無料で会話練習しよう!