言語

フランス語のメールや手紙の結びで役立つフレーズ

Tandem JPApril 5, 2019

外国語でコミュニケーションをとることは、これまでの語学学習が役に立つ、刺激的な時間ですよね。ところで皆さんは、フランス語でEメールの末尾に書く締めくくりの言葉をご存知ですか? 今回のTandemブログでは、フランス語でメールや手紙を書く際に役立つフレーズを集めました。

ビジネスメールを書いたり、カスタマーサービスと連絡をとったり、またはホストファミリーにお礼の手紙を書く場合など、これらの定型文を使うシーンは様々。フランス語でEメールを書く際には、相手との関係の深さ、手紙の目的、そして丁寧さの度合いによって異なります。

適切な結びの言葉を使うことで、あなたがどれだけフランス語や文化に親密なのかが分かります。以前の記事でご紹介した、様々な言語でのお礼の言い方(英語版)でもお話したように、海外の人に対して正しいマナーを守る事はとっても大事です。フランス語で電子メールを適切に書く事で、相手を尊重し、肯定的な印象を与えます。それでは、これらのいくつかの締めくくりのフレーズについて見てみましょう。

外国語をペラペラに話したいなら、様々なツールを活用して語学学習をするのがポイント。言語交換アプリTandemを使えば、言語学習者とネイティブスピーカーが繋がって、いつでもどこでも、あらゆる言語を学習する事ができます。

jad-limcaco-239331-unsplash

Dans l'attente de votre réponse (フォーマル)

「あなたからの連絡をお待ちしています」という意味。相手からの答えを待っていることを表したいときに書きましょう。セミフォーマルな表現では「Dans l'attente」と短縮することもできます。

Veuillez recevoir, Monsieur/Madame, mes salutations distinguées (フォーマル)

「ご了承ください、マダム/サー、よろしくお願いします」と意味する通り、一般的なビジネスまたは正式な電子メールで使われるフレーズ。英語の「yours sincerely」に似ています。

Je vous prie d'agréer ma considération distinguée (フォーマル)

直訳すると「私の著しい配慮をご理解ください」となります。大仰な表現に聞こえるかもしれませんが、フランス語のメールではよく使われるフレーズです。

Veuillez agréer l'expression de mes sentiments respectueux (フォーマル)

このフレーズは、メールの受け取り手の名前が分からない場合に使えます。「敬具」に近いようなニュアンスです。

Cordialement (フォーマル/セミフォーマル)

「心を込めて」を意味するフレーズ。より丁寧に書きたい場合は、前に「bien」または「très」を追加することもできます。

「Cordialement」は、セミフォーマルなビジネスEメールにも単独で使用できるので、フランス語圏では広く使われています。でも、相手のことがよくわからない場合は、念のためにより長く、より正式なフレーズを締めの言葉として使用する方が安心です。

Respectueusement (フォーマル/セミフォーマル)

「敬意を表して」という意味。「Cordialement」と同じようなニュアンスで使われます。

christin-hume-309876-unsplash (1)

Amitiés (カジュアル)

直訳すると「友情」という意味ですが、実際に友人関係でなくても使える便利な表現。

Je vous adresse mon très amical souvenir (カジュアル)

英語で「kindest regards」のように使われるフレーズ。知人同士のメールで使える表現です。

Amicalement (カジュアル)

「友情を込めて」を意味します。この結びの言葉は、知人や年上の友人へのEメールに適しています。その前に「bien」を追加すると(bien amicalement)、「友情関係にある」という意味になります。

Chaleureusement (カジュアル)

友人同士のやりとりでよく使われる、カジュアルなフレーズです。

A bientôt / à plus tard (informal)

どちらも「じゃあね」「すぐに会いましょう」という意味。 「À plus tard」は「A +」と省略されることもあり、友人同士のメッセージで使用されます。

Je vous envoie mes amicales pensées (informal)

直訳すると「私はあなたに親切な考えを送ります」という意味。このフレーズは家族や友人といった親しい間柄で使いましょう。

さあ、これで下書きのままメールボックスに入っていたメールを送る準備が整いましたね。どの結びの言葉が最も適切なのかわからない場合は、慎重を期して、少し丁寧な方のフレーズを使用することをお勧めします。礼儀正しすぎるメールに腹を立てる人はいませんからね。

メールを書く際には、意図しないマナー違反を避けるために、相手の国のエチケットを理解する事がとっても大切です。 Tandemアプリを使えば、ネイティブスピーカーと会話しながら外国語が向上し、同時に海外の文化やマナーに関する知識も深まります。

さあ、あなたのタンデムパートナーに、学習中の言語でメールを書く際のルールについて尋ねてみましょう!

giphy

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます