Tandem tips

冬休みの海外旅行にオススメの5つのTips

Tandem2018 M11 28

Tandemのオフィスがあるドイツ・ベルリンでは本格的な冬が到来。室内で暖房に当たりながら、暖かい飲み物が欠かせません。ところで、読者の中には、すでに冬休みのバカンスの予定を立てている人もいるかもしれません。 有名なドイツのクリスマスマーケットを訪れる予定のあなたも、フィンランドにオーロラを見に行くあなたも、カナダのウィスラーでスキーやスノボを楽しむあなたにも。Tandemは、冬休みの海外旅行に使えるヒントを5つご紹介。


1. 現地の言葉を少しだけ覚えておく


dmitri-popov-203436-unsplash.jpg


タンデムが考えているのは常に外国語のことばかり。このトピックで始まるのは何の不思議もありませんが、それだけではありません。地元の人たちとコミュニケーションを取ることで、バカンスの思い出がより楽しいものになるのです。 バカンスに出発する前に、このようなフレーズを覚えておくのがオススメ。 「こんにちは」 「ありがとう」 「お願いします」 「明日の朝、タクシーを予約してもらえますか?」 「無料Wi-Fiはありますか?」(一番大事!) ぜひこの機会にTandemアプリを活用してみましょう。タンデムパートナーに、バカンスシーンで使える便利なフレーズを尋ねてみるものオススメ。


2. 宿泊地のリサーチは入念に


stefano-zocca-586856-unsplash.jpg


夏のバカンスと違い、冬の旅行では宿泊施設の場所が旅行の便利さを左右すると言っても過言ではありません。インターネットを使って、滞在地で最も便利な場所はどこかを事前に調べておきましょう。最寄りの公共機関からどれくらい遠いのかをチェックして、滞在場所が安全かどうかを再確認してください。ホテルの価格比較アプリなどを使ってコストを抑えましょう。 また、訪問したいレストランをあらかじめ計画しておきましょう。よくある観光者向けのレストランよりも、地元の人が行くような、美味しくて雰囲気のいい場所を探しておきましょう。寒い街をさまよう時間ができるだけ減らせるよう、事前の準備は抜かりなく。


3. 旅行保険をお忘れなく


Wintersport_neu_tandem.jpg


ウィンタースポーツを楽しみたい方は、旅行保険を掛けるのをお忘れなく! 特にスキーやスノーボードの場合、自分が怪我をした場合だけでなく、他人に怪我を負わせた場合にも補償される個人賠償責任保険や、スキー・スノーボード板が破損した場合に補償される携行品損害保険など、すでに入っている旅行保険の内容を見直してみましょう。安全で快適な冬のバカンスを楽しむためにも、備えは完璧に。


4. アクティビティは事前に予約


martins-zemlickis-56647-unsplash.jpg


ビーチで横たわるよりも、アクティブなバカンスを好むタイプのあなたは、事前にアクティビティを予約することでお金を節約できます。海外のスキーリゾートでは、事前予約の場合にレッスン料金が割引になることが多いです。 雪の降らない地域でも、山間部のハイキングや日帰り旅行など、様々なアクティビティが用意されています。冬しかできない貴重な体験をぜひトライしてみましょう。


5. どんな服装がオススメ?


philipp-kammerer-346387-unsplash.jpg


気温が0度を下回る国に旅行している場合、バッグは冬服であっという間にパンパンになってしまいがち。 寒い地域で大事なのは、暖かくてすぐ乾く服。特におしゃれさんにとっては悩ましいところですが、ファッショナブルさよりも機能性を優先しましょう。嵩張ったコートよりも、薄い上着を何枚か重ねたほうが効果的です。もちろん、手袋・ニット帽・暖かい靴下やタイツもお忘れなく。 オススメは何と言ってもダウンジャケット。暖かく、コンパクトで軽量なので、一枚あれば寒い地域の旅行だってへっちゃら。旅行バッグに十分なお土産スペースを残してくれるはず。


冬休みの過ごし方について、あなたのタンデムパートナーと会話してみましょう!

iOSまたはAndroidで、今すぐTandemアプリをダウンロード!


YOU MIGHT ALSO LIKE…