ネイティブスピーカーと会話レッスン

Tandemは、あなたの学びたい外国語を話すネイティブスピーカーとランゲージエクスチェンジができるアプリ。ネイティブの発音を聞いて話すことで、発音・リスニング・スピーキング力を向上させましょう。まるで海外にいるような雰囲気で、いつでもどこでも会話レッスン。

友達の輪を広げよう

全世界300万ユーザーが登録するTandemでは、新たな人との出会いが続々と。

どんな言語にも対応

英語だけではなく、世界中の主要外国語に対応。Tandemユーザーと一緒に練習すれば、外国語がもっとスムーズに話せるように。

中国語を学ぶことには、こんなメリットが。

中国語は、日本人にとってはハードルが低い言語です。文法や発音の習得には少し時間がかかるものの、何と言っても日本語と同じ漢字が使われているのは大きなアドバンテージ。欧米の人が一から漢字を勉強する事を考えると、ずっと早く習得することができます。そして、中国語を学ぶことには様々な利点が。12億人もの話者を擁する、世界で最も話されている言語というだけではありません。世界中のあらゆる都市には中国語話者が住んでいて、そのネットワークは世界をつないでいるのです。

中国は今、もっとも経済成長が著しい国の一つ。1人あたりGDPは2000から2010までの十年間でおよそ二倍に。世界で最も巨大な輸出国、そして世界第二位の輸入国でもあります。工業国として大きな存在感を示す中国は、現代のビジネスにおいて重要な国の一つ。世界中のあらゆる有名グローバル企業では、つねに中国語話者の需要があります。

中国は、その美しい自然と豊かな文化遺産でも知られています。長い歴史が織りなす深い文化は、数ヶ月かけて中国全土をまわらないと全て見ることはできません。中国の田舎の方にはいまでも昔ながらの生活が見られ、懐かしい雰囲気を味わうことも。でも、北京や上海といった大都市を少し離れると、英語を話せる人はほとんどいなくなります。旅行に必要な最低限の表現を覚えておくだけでも、あなたの旅はスムーズに進むはず。ディープな中国を体験するためには、中国語は不可欠なのです。

中国語ってどんな言葉?

  • 中国語の話者の数は12億人。世界中のおよそ16%を占める。
  • 中国語には7〜13の方言があると言われている。その中でも一番メジャーなのはマンダリン(北京語)と呼ばれる標準中国語。
  • 香港やマカオでは広東語が話されている。
  • アメリカの6つの公用語のうち、一つは中国語。
  • 中国語は音調言語。同じ発音の単語でも抑揚によって意味が異なる。
  • 中国人約十三億人のうち、英語を話せるのはわずか8%

中国語を学んでみよう

中国語を学ぼうとしても、発音のややこしさや漢字の多さに挫折しそうになるかも。でも、ヨーロッパ系の言語と違って、複数形も名詞の性も、時制も格変化もありません。さらには英語のhonorificabilitudinitatibus(揺ぎ無い華麗な物事)、ドイツ語のStrassenbahnhaltestelle(路面電車の停留場)のような長い単語も存在しません。何より、漢字に慣れている日本人にとってはとっつきやすい言語なのです。

ヨーロッパ系言語話者が中国語を学ぶ際、まず漢字を覚えることから始めないといけません。中国語話者が使う漢字はおよそ4,000文字と言われています。これだけの文字を一から暗記しないといけないなんて、想像するだけでも大変ですよね。さらには、アルファベット圏で育った人たちにとっては、縦書きの文章を見ると驚くことも多いそうです。その点、日本人にとってはかなりのアドバンテージがあるのです。

また、音調言語である中国語で難しいのは、なんと言ってもその発音。同じ発音でも抑揚が変われば意味が全く異なってしまいます。

例えば:

  • = 「母」
  • = 「麻」
  • = 「馬」
  • Mà = 「叱る」
  • Ma =  疑問詞

そしてなんと、同じ発音だけで文を作ることもできるんです。Shī Shì shí shī shǐ 「施氏食獅史」(石の洞窟でライオンを食べる詩人)なんて言葉遊びも。なんと92種類もの漢字がshiという発音を持つそうです。

中国語を学ぶ方法

中国語会話を学ぶには、様々な学習方法があります。さらにインターネットの発達のおかげで、多くのサービスは無料で提供されるようになりました。

学校で

中国語を学ぶ一番定番の方法は、やはり学校に通うこと。きっとみなさんも、学生の頃は学校で英語を勉強しましたよね。4つの基本(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)を学習するのに、学校は最適の場所といえるでしょう。でも、先生が生徒に割くことのできる時間は短く、さらに忙しいあなたにとって、決まった授業時間に毎回参加するのは至難の技かも。

プライベートレッスン/チューター

学校より早いペースで中国語を身に付けたいなら、プライベートレッスンもおすすめ。中国語のネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンで、あなたにあったペースで、実際に使われている生きた中国語のリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングを練習。でも、多くのプライベートレッスンは高価で、しかも経験豊かな、あなたにあった先生を見つけるのは難しいものです。その他の選択肢としては、お互いの母国語を学んでいる人同士による、タンデムスタイルのレッスンも効果的。

本やAV教材

コツコツ勉強するのが得意なあなたには、本やビデオ教材を使った独学もおすすめ。意志が強いあなたなら、やりとげられるかも。でも、実際の人とのコミュニケーションをともなわない独学では、学べるのは教科書どおりの表現になりがち。実際の生きた中国語を身につけることはできません。

ソフトウェア

コンピューターソフトウェアも、中国語を学ぶには効果的。ジャンルやシチュエーションごとに合わせた表現が整理されていて、表現を真似して口に出すことで、頭の中で中国語を日本語に翻訳することなく身につけることができます。でも、多くの語学ソフトウェアには実際の人とのコミュニケーションが欠けていて、しかもレベルも入門までがほとんど。中国語を学んで、実際に現地の人と話せる喜びを味わうことはできません。

旅行や語学留学

中国語を本気で学びたいなら、中国に行って、現地の語学学校で勉強するのがベストの方法。でも、時間にもお金にもかなりの余裕が必要。忙しいあなたにとっては、なかなかそんな時間はありませんよね。しかも多くの語学学校の授業は中国語で行われているので、最低限の中国語は身につけておかないと授業についていけません。

オンライン

学習ソフトウェアを使って外国語を学ぶのも、最近ではよく見かけますよね。多くのソフトウェアがリリースされていて、しかも多くは無料または格安価格。気軽に中国語を始めてみようかな、というお試し感覚にはぴったりかも。でも、多くのサービスは入門レベルまででペースも遅く、実際に会話をしてみたいと思うころには、きっと物足りなくなるはず。

アプリ

なんといってもアプリを使ったマンツーマンの会話レッスンは、今注目の中国語学習方法。世界中から、あなたにぴったりのネイティブ中国語講師を見つけることができます。スマホやタブレットを使って、思い立ったらその場ですぐにレッスン開始。アプリを使えば、世界はどんどん小さくなります。

Tandemで中国語を学ぶ

Tandem Teachersは、様々な中国語学習法のいい部分だけを取り入れた、楽しく学べる外国語レッスンアプリ。楽しくかんたんに中国語を学びたいあなたにおすすめ。いつでもどこでもタップ一つで、資格を持った経験豊かな外国語講師と一緒にマンツーマン会話レッスンをはじめましょう。

Tandemでできること:

  • タップ一つで、マンツーマン会話レッスン。
  • 確かな経験を持った、プロの外国語講師が多数登録しています。
  • 気軽に試してみて、あなたにあった先生を見つけましょう。
  • 最短15分からのフレキシブルなレッスン。忙しいあなたのスケジュールにもぴったり。
  • 初回レッスンは無料です!

アプリストアでTandemをダウンロードして、Tandemの人気講師と今すぐレッスンを始めましょう。登録にかかる時間はたった5分。さあ、今すぐTandemをはじめよう!