ネイティブスピーカーと会話レッスン

Tandemは、あなたの学びたい外国語を話すネイティブスピーカーとランゲージエクスチェンジができるアプリ。ネイティブの発音を聞いて話すことで、発音・リスニング・スピーキング力を向上させましょう。まるで海外にいるような雰囲気で、いつでもどこでも会話レッスン。

友達の輪を広げよう

全世界300万ユーザーが登録するTandemでは、新たな人との出会いが続々と。

どんな言語にも対応

英語だけではなく、世界中の主要外国語に対応。Tandemユーザーと一緒に練習すれば、外国語がもっとスムーズに話せるように。

スペイン語を学ぶことには、こんなメリットが。

世界中で、そして特にアメリカで多くの人々が学んでいる言語は、実はスペイン語なんです。例えばアメリカの高校や大学では、スペイン語の授業が必修科目になっていることもしばしば。そして学校でのスペイン語を勉強した学生たちが社会にでると、アメリカ社会ではスペイン語が非常に重要な位置を占めていることに気づくのです。

スペイン語は世界21カ国で公用語として使われていて、その話者の数は実に4億7000万人、世界で二番目に多くの話者がいると言われています。アメリカ国内だけでも、母国語または第二外国語としてスペイン語を話す人の数は、ヒスパニック系を中心に約4500万人。実はアメリカは、メキシコに次いでスペイン語の話者が多い国なんです。

世界中に広がる、たくさんのスペイン語話者。スペイン語を流暢に話せるということは、社会的にも経済的にも大きなアドバンテージとなります。例えばアメリカで働きたい場合には、今やスペイン語はマストになりつつあります。あるいは直接スペイン語を使う機会がなくても、従業員の中にはスペイン語話者がたくさんいることも。そんなとき、スペイン語を話せることは仕事をスムーズに進める潤滑油になるのです。

もちろん、南米にはメキシコやアルゼンチンなど、スペイン語が公用語の国がたくさんあります。スペイン語が話されている国では英語を話せる人は少なく、現地の文化や慣習を理解するのにはスペイン語を話せることはとっても便利。そしてもちろんスペイン語圏の国には、ミステリアスな古代遺跡マチュピチュ、大都会ブエノスアイレス、そして自然豊かなコスタリカなど、見どころが沢山。

スペイン語ってどんな言葉?

  • 世界中に4億4000万人のネイティブスピーカー。アメリカだけで4500万人にもおよぶ。
  • スペイン語が第一公用語として使われているのは、21カ国。
  • 実は、世界で一番広く使われている言語はスペイン語。英語よりも多いんです!
  • 英語を学んだことがある人にとっては、学びやすい言語の一つ。
  • アメリカは、メキシコに次いで多くのスペイン語話者が住んでいる国。
  • スペイン語の綴りは表音文字なので覚えやすく、しかも日本人には発音しやすい。
  • 実は、多くのスペイン語の単語はラテン語ではなく、アラビア語をルーツにもつ。

スペイン語を学んでみよう

スペイン語の表記は、表音文字といって発音がそのまま綴りに対応しています。覚えるのが簡単で、しかも日本人にとっては英語よりも簡単に発音ができるんです。でも、文法や動詞の活用、仮定法など、英語とは少し違ったルールも存在します。スペイン語と英語は同じラテン語由来の言葉なので、似た単語もたくさんありますが、実は似たつづりで全く意味のちがう単語もあるので注意が必要です。例えば英語の「embarrassed (恥ずかしい)」に似たスペイン語の「embarazada 」という単語は「妊娠」という意味。もしかすると昔の人にとっては、恥ずかしい出来事だったのかも。

一目見て意味がわかるスペイン語単語の例:

  • Actor(俳優)
  • Cámera(カメラ)
  • Café(カフェ)
  • Doctor(医者)
  • Fruta(フルーツ)
  • Número(番号)
  • Silencio(沈黙)
  • Teléfono(電話)
  • Teatro(劇場)
  • Valle(谷)

また、英語とは全く違う点としては、動詞の活用があります。英語で動詞の活用があるのは、三人称単数のみ。でもスペイン語には人称や時制によって様々な活用を覚える必要があります。でも、動詞の活用には一部の例外を除いてルールがあるので、法則を覚えされすえばあとは全ての動詞にあてはめればいいのです。もちろん、ネイティブスピーカーと一緒に会話することで、より確実に覚えることができます。

スペイン語を学ぶ方法

スペイン語を学ぶには、様々な方法があります。そして今やインターネットのおかげで、多くのレッスンは無料で提供されるようになりました。

学校

スペイン語を学ぶ一番定番の方法は、やはり学校に通うこと。きっとみなさんも、学生の頃は学校で英語を勉強しましたよね。4つの基本(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)を学習するのには、やはり学校は最適の場所。でも、先生が生徒に割くことのできる時間は短く、さらに忙しいあなたにとっては、決まった授業時間に毎回参加するのは至難の技かも。

プライベートレッスン/チューター

学校より早いペースでスペイン語を身に付けたいなら、プライベートレッスンもおすすめ。ネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンで、あなたにあったペースで、実際に使われているスペイン語のリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングを練習できます。でも、多くのプライベートレッスンは高価で、しかも経験豊かな、あなたにあった先生を見つけるのは難しいもの。その他の選択肢としては、お互いの母国語を学んでいる人同士による、タンデムスタイルのレッスンも効果的。

本やAV教材

本やオーディオ、映像教材を使って独学で語学を勉強するのは、インターネットが普及する前の最も定番の学習方法でした。コツコツ勉強するのが好きな人には向いているかもしれません。でも、実際の人とのコミュニケーションをともなわないこの方法では、学べるのは「教科書どおり」の表現になりがち。実際の生きたスペイン語を身につけることはできません。

ソフトウェア

コンピューターソフトウェアも、スペイン語を学ぶには効果的。ジャンルやシチュエーションごとに合わせた表現を真似して口に出すことで、頭の中でスペイン語を日本語に翻訳することなく身につけることができます。でも、多くの語学ソフトウェアには実際の人とのコミュニケーションが欠けていて、しかもレベルも入門までがほとんど。外国語を学んで、海外の人と話せる喜びを味わうことはできません。

旅行や語学留学

スペイン語を本気で学びたいなら、現地の語学学校で勉強するのはベストの方法。でも、多くの語学学校の授業はスペイン語で行われているので、最低限のスペイン語は身につけておかないと、授業についていけません。さらに時間にもお金にもかなりの余裕が必要。忙しいあなたにとっては、なかなかそんな時間はありませんよね。

オンライン

学習ソフトウェアを使ってスペイン語を学ぶのも、最近ではよく見かけますよね。多くのソフトウェアがリリースされていて、しかも多くは無料または格安価格。気軽にスペイン語を始めてみたいあなたにはぴったりかも。でも、多くのサービスは入門レベルまででペースも遅く、実際に会話をしてみたいと思うころには、ちょっと物足りないかも。

アプリ

今注目のスペイン語学習方法は、なんといってもアプリを使ったマンツーマンの会話レッスン。世界中から、あなたにぴったりのスペイン語講師を見つけることができます。しかも思い立ったらその場ですぐにレッスン開始。楽しく簡単に始められる本格会話レッスンで、きっとスムーズにスペイン語が話せるようになるはず。

Tandemでスペイン語を学ぶ

Tandem Teachersは、あらゆるスペイン語学習法のいい部分だけを取り入れた、楽しく学べる英会話レッスンアプリ。楽しくかんたんにスペイン語を学びたいあなたにおすすめです! いつでもどこでもタップ一つで、資格を持った経験豊かな外国語講師と一緒に会話レッスンをはじめましょう。

  • 確かな経験を持った、プロの外国語講師が多数登録
  • 気軽に試してみて、あなたにあった先生を見つけましょう
  • 最短15分からのフレキシブルなレッスン。忙しいあなたのスケジュールにもぴったり。
  • 初回レッスンは無料です!

アプリストアでTandemをダウンロードして、Tandemの人気講師のレッスンを今すぐ始めましょう。簡単・楽しいレッスンで、あなたのスペイン語会話力はグングン伸びるはず。もう語学に挫折することはありません。さあ、今すぐTandemをはじめよう!